水中毒とは?水をどれくらい飲むとなる?原因・症状・治療改善方法が知りたい!

水中毒にならない為に注意しよう!

・・・毎日水を2リットル飲まないといけない!ということを一度くらいは聞いたことがあると思います。

確かに水分補給は人間にとって大切なことです。

とはいえ・・・逆に『夏場の水の飲み過ぎに注意』しないといけません。

その理由は水の飲み過ぎによる身体への悪影響・・・水中毒です。

「水の飲み過ぎによる体への影響とは」

夏本番を迎えると・・・そんな時は水分をたくさん摂って喉の渇きを潤したいと思います。

(猛暑の日なんかは特にです)

しかし、水分の摂り過ぎは実は体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

水分を多く摂る事によって体内の血中ナトリウム濃度が低くなり、最悪の場合・・・死亡してしまう事もあります。

他にも、過剰な水分摂取によって血管が膨らみ高血圧や動脈硬化の持病がある人は血管が切れてしまう事もあるので注意が必要です。

これらの症状を「水中毒」と呼んでいます。

では、「水中毒」にならない為にはどうすれば良いのでしょうか。

水中毒にならない為には?原因を知る?

熱中症対策で水を大量に飲む人が多いと思いますが、水だけを大量に飲むと「水中毒」になってしまいますので、つまり水”だけ”を大量に飲むことが原因になるということです。

水分を摂取する際には「塩分」も同時に摂るように心掛けましょう。

熱中症のメカニズムも汗と一緒に体内のナトリウムが排出されてしまい、体液が薄まる事で発症するとされているので、水分だけを摂るのではどんどんナトリウムが流れ出てしまい悪循環になってしまいます。

そこで、塩飴を舐めたり、ナトリウムが入った飲み物を摂る事が望ましいです。

清涼飲料水は糖分が多めなので飲み過ぎには注意しましょう。

また、清涼飲料水の過剰摂取による「ペットボトル症候群」という危険な症状もあるので、一日の摂取量を超えないようにすることが大切です。

水中毒になってしまった時の症状や対処・改善方法とは?

「水中毒」で最初に現れる症状は「多尿・頻尿」です。

さらに、脳にむくみが生じて起きる「脳浮腫」が起こると「食欲不振や頭痛、倦怠感」が現われるようになります。

そして、悪化すると「吐き気や嘔吐、錯乱」などの症状が現れますので、速やかに病院で処置を受けましょう。

病院ではナトリウムを補う点滴や「脳浮腫」を改善する投薬が行われます。

また、「水中毒」により筋肉を溶かしてしまう「横紋筋融解症」という症状が出て、「手足の脱力感、しびれ、筋肉痛」を感じる場合もあります。

この場合は血尿が出る事が多いです。

いずれの場合も自己判断は難しく、病院で血中ナトリウムの量を確認する事が必要ですので、おかしいなと思ったら早めに病院に行く事をお薦めします。

水中毒にならない為に出来ること(まとめ)

「水中毒」になるまで過剰に水分補給してしまう事は考えにくいですが、肉体労働のお仕事の方やスポーツをする方は注意して頂きたいと思います。

塩分と水分をバランスよく摂って、「水中毒」にならない工夫が大切だと思います。

また、ナトリウムを多く含んだ食材を食べるなどして水分以外でも上手に補う事が重要だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする